2018年10月

2018年10月31日

ファンタジーSの考察

出走歴の浅い 2 歳馬なので、勝負するかはわかりませんが、暮れにGⅠも控えているので、考察はしてみたいと思います。


17 年 ベルーガ
30% 38% 32%
36.3 59.4 34.9 82.9


16 年 ミスエルテ
35% 21% 44%
35.5 59.3 34.5 81.8


15 年 キャンディバローズ
36% 19% 45%
35.4 59.2 34.2 81.9


14 年 クールホタルビ
36% 23% 41%
35.3 58.9 34.4 81.7


13 年 ベルカント
52% 36% 12%
34.3 57.1 35.3 81.1


12 年 サウンドリアーナ
42% 30% 28%
34.7 57.7 34.9 80.8



① 14 年以降とそれ以前の二極化。

② 年々前半 3Fが遅くなっている。

③ 前半3F34 秒台なら 50%台、スプリント寄りのレースになる。

④ 前半 3F35 秒台なら 30%台の数字、マイル寄りのレースになる。



■ダノンファンタジー

2018/9/16
未勝利 42% 1% 57% 1 着
ダノンファンタジー 35.9 61.2 34.4 95.6


2018/6/3
新馬 10% 10% 81% 2 着
グランアレグリア 36 60 33.6 93.6


グランアレグリアの 2 着というだけで買いだと思います(笑)

2 レースともに緩い流れの後半勝負です。こういう流れでしか能力を発揮できないなら危ないと思いますが、おそらく経験していないだけでしょう。

前が速くなりそれに付き合うと危険ですが、自分のペースで運べさえすれば、問題ないでしょう。距離はマイルの方が合っていると思いますが。



■レッドベレーザ


2018/10/8
新馬 38% 30% 32% 1 着
レッドベレーザ 35.7 59.2 35.1 82.6


ダノンファンタジーと違うレースを勝ってきたというのは一目瞭然。

新馬戦なので時計は仕方ないですが、前がある程度引っ張る展開には対応できそうです。

後半勝負になった場合、どこまで対応できるかに注目です。



■ベルスール


2018/8/5
新馬 54% 13% 33% 1 着
ベルスール 34.8 58.9 35.4 82.2


新馬戦だし、この 1 戦だけではわからない事の方が多いですが…

新潟 1400mで 34.8 秒という前半は特に速いわけではありません。

それでいて、前半 54%というのは…

まあ、比率は能力を測るものではないと思うので、あまり気にする必要はないかもしれませんが…

レッドベレーザよりさらに大きな前半で勝ってきたので、この馬もレースが遅くなった時にどれだけ対応できるかがポイントです。

この馬がヴァニラアイスを突けば、サウンドリアーナの勝った 12 年ぐらいの流れになるかもしれません。





最強競馬ブログランキングへ



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村


ysmn_baken2013 at 23:51|PermalinkComments(0)レース分析 

2018年10月28日

今週の結果と天皇賞秋のレース回顧

■国立特別不的中

■天皇賞秋不的中

今週は連敗で回収率 0%です…



18 年 レイデオロ
32% 34% 34%
36.2 59.4 34.5 116.8


前半 36.2 秒という入りは予想通りでしたが、5F59.4 秒というのは予想より速かったです。

スタート良く追走してしまったヴィブロスは、この時点で厳しかったですね。せめてもう少し後ろだったら掲示板ぐらいはあったと思います。

出遅れたスワーヴリチャードですが、安田記念を使った反動か、ジャパンCに向けた叩きなのかは知りませんが、今日は競馬になっていませんでした。



08 年 ウオッカ
38% 33% 30%
35.2 58.7 35.2 117.2


予想の時に掲載したウオッカの勝った天皇賞秋です。

スワーヴリチャードやヴィブロスに比べ瞬発力に劣ると言ったレイデオロが勝って、アルアインも 4 着。

こういう流れならすごい脚を使うと言ったサングレーザーが上がり最速で 2 着。

3 着キセキも考察 2 の記事で、「毎日王冠は天皇賞の流れに近いので好走はあり得る」というようなことを書きました。

ある意味それなりの分析は出来ていたと思いますが、今回は想定ペースをもっと遅くしてしまったのが失敗でした。

川田騎手の積極的な逃げは、レースの質を上げたと思います。

今回の天皇賞秋は、平均やや遅めのペースですが、道中脚をためるほど極端に緩んでいないので、かなりの持続力が問われたレースになりました。

安田記念や毎日王冠の延長線上にあるレースだったと思うので、距離の事は置いておいて、アエロリットが出走していれば、勝ち負けまで持っていったかもしれません。




最強競馬ブログランキングへ



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村


ysmn_baken2013 at 16:43|PermalinkComments(0)予想結果 | レース回顧

10月28日の予想

■天皇賞秋

16 年 モーリス
32% 26% 42%
36.9 60.8 34.2 119.3


15 年 ラブリーデイ
27% 27% 46%
36.4 60.6 34 118.4


08 年 ウオッカ
38% 33% 30%
35.2 58.7 35.2 117.2


ウオッカの勝った年のように、3F35 秒前半で入れば、前半から後半まで同じような数字の並ぶレースとなります。

今年はこれと言った逃げ馬がいないので、3Fは 35 秒後半~36 秒台。

どこかでペースアップするかもしれませんが、15 年・16 年のような流れになると思います。

考察の段階で、ある程度有力馬の特徴を述べたので、今日は簡単に行きます。



◎スワーヴリチャード
〇ヴィブロス
▲レイデオロ
△アルアイン
△サングレーザー
△キセキ



本命はスワーヴリチャードです。ダービーで負けはしましたが、瞬発力勝負ならスワーヴリチャードの方が優勢と考えます。

2 番手はヴィブロス。考察でも述べましたが、ペースが遅くなれば、この馬の瞬発力が生かされると思います。

イメージは府中牝馬Sですが、スワーヴリチャードにも言えますが、ピッタリというわけではありません。気持ち流れてくれるぐらいがちょうどいいと思います。

レイデオロとアルアインも対応できると思いますが、スワーヴリチャードとヴィブロスに比べると、瞬発力勝負はあまり歓迎ではありません。

レイデオロは能力で何とかする可能性もありますが…

サングレーザーは 08 年型のレースなら、物凄い末脚を発揮しそうですが、ペースが遅くなった時に同じ脚が使えるかはわからないので、評価を下げました。


枠連 1 点

3-4


3 連複 4 点

3-5-4 7 9 10


オッズにより資金配分をします。




最強競馬ブログランキングへ



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村


ysmn_baken2013 at 12:28|PermalinkComments(0)競馬予想 

2018年10月27日

10月27日の予想

■国立特別


2018/4/29
晩春 S 47% 32% 20%
リライアブルエース 34.1 56.8 34.7 80.2


2017/11/11
三鷹特別 44% 28% 28%
モズアスコット 34.4 57.4 34.5 80.4


東京 1400mは、前半 35 秒台のスローペースが多いですが、今回は前に行きそうな馬が多いので、前半 34 秒台と予想します。

参考レースは上記の 2 レースです。



◎モアナ

参考レースの三鷹特別で 3 着に好走しています。ハンデもあって評価を下げるつもりでしたが、今日は上がりの速いレースが続いているので、本命にします。


〇プリュス

2018/5/13
500 48% 24% 27% 3 着
フレッチア 34.2 57.5 34.6 80.6


3 着に負けたレースですが、春の東京 1400mです。勝ち馬フレッチアは 9 月に 1000 万下を勝ちましたし、上位のレベルは高かったと思う。

上がりがかかったほうがいいタイプかもしれないので、その点は不安です。



▲アイスフィヨルド

2017/11/4
未勝利 58% 19% 22% 1 着
アイスフィヨルド 34.8 58.7 35.6 82.5


1 年前の未勝利戦です。今回の想定とはズレていますが、こういうレースを勝っている点を評価。

前走の鷹巣山特別のような瞬発力勝負より今回の想定の方が向くと思う。

△ヨシノザクラ
△プレトリア
△ピースユニヴァース
△キャナルストリート
△ウィンドライジズ


3 連複 11 点
2
1 16
1 2 5 7 9 12 15


少しだけ資金配分をします。




最強競馬ブログランキングへ



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村


ysmn_baken2013 at 12:48|PermalinkComments(0)競馬予想 

2018年10月25日

天皇賞秋の考察その3

■マカヒキ

2016/5/29 日本ダービー
42% 0% 58% 1 着
35.6 60 34.2 144


2016/3/6 弥生賞
69% -16% 47% 1 着
34.3 59.5 35.1 119.9


ダービーの走りが出来るなら➂型の天皇賞は合いそうですが…

このレース以外馬券に絡んだレースは全て上がりがかかっています。

昨年も毎日王冠でキレ負けして、馬場の悪かった天皇賞 5 着、上がり 35.1 秒だったジャパンCで 4 着。


サングレーザーの勝った札幌記念でも2着に来ています。

ダービーが本来の姿で、それ以外は合わないレースにもかかわらず好走していたという見方も出来なくはないですが…

イメージほどスパッとキレないので、キセキやアルアインと似たタイプかもしれません。



■ミッキーロケット

2018/6/24 宝塚記念
65% 23% 12% 1 着
34.4 59.4 36.3 131.6


2017/1/17 日経新春杯
43% 32% 25% 1 着
35.6 60.2 36.4 145.7


2 勝したレースは共に稍重。比率を見ても、後半勝負というより、前半からジワジワ負担のかかりそうなレースで勝っています。

宝塚記念をベストレースとすると、これまで紹介した有力馬以上に瞬発力レースに弱く、持久色が問われるレースの方が強いタイプに見えます。

①型・➁型のレースに強い馬で、前が引っ張りつつ、後続もそれに続くようなレースが理想で、今回の天皇賞には合わないと思います。



■レイデオロ

2018/9/23 オールカマー
30% 36% 34% 1 着
35.9 60.5 35.3 131.2

2017/9/24 神戸新聞杯
23% 36% 41% 1 着
36.9 61.4 34.5 144.6

2017/5/28 日本ダービー
20% 20% 60% 1 着
37.1 63.2 33.8 146.9

2017/11/26 ジャパンC
29% 39% 32% 2 着
36.3 60.2 35.1 143.7


日本ダービーはレイデオロに合っていたとは言い難いですが、この時のように先行していれば、➂型の天皇賞にも対応できそうです。

神戸新聞杯の 23%は小さいですが、オールカマー、ジャパンCの 30%前後はごく普通の数字です。

3 つのレースに共通しているのは、中間が高くなっていて、後半だけ突出しているわけではありません。

レイデオロの日本ダービー、スワーヴリチャードの大阪杯に共通しているのは、どちらもそれほど得意でない流れを自分で勝ちに行ったという事です。

「能力」でカバーする可能性は高いですが、レースが落ち着きすぎるのはあまり良くないでしょう。



■ヴィブロス

2016/10/16
秋華賞 30% 19% 52% 1 着
ヴィブロス 35.8 59.9 34.4 118.6


2017/10/14
府中牝馬S 26% 11% 63% 2 着
クロコスミア 36.8 61.9 33.7 108.1


ここまで後半が大きくなることはないと思いますが、➂型の天皇賞に一番合いそうなのはヴィブロスです。

ミッキーロケットの勝った宝塚記念でも 4 着に来ているので、単純な後半型ではないと思いますが、レイデオロやスワーヴリチャードと比べると、瞬発力方向にシフトしている馬だと思います。




最強競馬ブログランキングへ



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村


ysmn_baken2013 at 00:17|PermalinkComments(0)レース分析